一般受付電話
0248-73-1155
検査予約・検査結果案内専用
0248-72-2323

福島県須賀川市の内科・循環器科・呼吸器科の国分内科クリニック。往診・訪問診療なども行っております。

医療設備のご案内

16列マルチスライスCT

16列マルチスライスCT

平成14年7月よりヘリカルCTを導入。平成24年7月より最新の16列マルチスライスCTに変わりました。頭部、胸部、腹部などの断層写真が短時間で撮影でき、現在まで5,800件以上の撮影を行い、脳内病変、肺がん、膵臓がんなどの発見に威力を発揮しています。当院でのレントゲン画像は、すべてデジタル保存を行い、モニター診断を行っています。

消化管ビデオスコープ

消化管ビデオスコープ

年間1,000件以上の消化管内視鏡検査(胃内視鏡、大腸内視鏡)を実施しております。平成28年7月から最新の内視鏡装置を導入しています。できるだけ苦痛が少なくなるように鎮静剤の注射も行っています。潰瘍や慢性胃炎を認めた場合はヘリコバクターピロリ菌の検査を行い、積極的に除菌療法を実施しています。内視鏡画像はすべてデジタル保存をしています。

トレッドミル運動負荷試験

トレッドミル運動負荷試験

運動をしながら、血圧と心電図を測定します。狭心症や不整脈の診断と安全な運動療法を行う上でも必要な検査です。検査時間は約30分かかり、平日の午後に行っています。

カラー超音波診断装置(エコー)

カラー超音波診断装置(エコー)

心臓、腹部、甲状腺、頚動脈などの超音波断層診断ができ、各臓器の大きさ、形、動き、血流が測定できます。侵襲がなく繰り返し簡単に施行でき、年間約1,000件実施しています。腹部検査は空腹で行います。超音波画像はすべてデジタル保存を行っています。

超音波検査(エコー)についての詳細ページ

動脈硬化検査(フォルム)

動脈硬化検査(フォルム)

四肢の血圧を自動測定し、短時間で動脈硬化の進行度や下肢動脈の狭窄・閉塞を判定できる世界初の動脈硬化検査装置です。血圧測定と同時に脈波伝播速度(PWV)等も自動計測し、動脈壁の硬化(石灰化など)を簡単に評価できるので、薬や運動療法等による治療経過の追跡が可能です。約5分で測定でき、年間約200件実施しています。

デジタルホルター記録器(24時間心電図検査)

デジタルホルター記録器(24時間心電図検査)

胸に電極を貼り、24時間の心電図をICカードに記録し解析する検査です。記録器は185gと軽量で、検査後20分で解析が終了し結果がでます。不整脈や狭心症の診断と治療経過の観察のために行います。

酸素濃縮器

酸素濃縮器

低肺機能、慢性肺気腫などの呼吸器疾患で、低酸素状態が続く場合は、自宅で酸素吸入ができます。通院しながら導入することができ、器械も小さく静音設計となっています。外出や通院時は、携帯酸素もあります。「酸素を吸って歩こう」が在宅酸素の目的です。現在11人に施行し、来院できない患者さんには訪問診療を実施しています。

骨粗鬆症の検査(骨塩定量計測DIP法)

骨粗鬆症の検査(骨塩定量計測DIP法)

手のレントゲンをとり、コンピューターで解析することにより、骨密度を測定します。骨粗鬆症は早期診断・治療が大切で、将来の寝たきりの予防にもつながります。

ページ最上部へ